墨出し@門司マンションリノベ

墨出し@門司マンションリノベ

こちらのプロジェクトは、解体工事が終わり墨出しをしました。
私どもは、そのチェックをしないといけません。

建築用語=墨出しとは?

壁や取り合いのある部分を床や壁などに表示する作業です。
墨壺(スミツボ)と呼ばれる道具を使い
パシッと糸を弾いて、墨守の線を付けます。

今の墨壺は、昔のモノとかわり簡素化されました。
龍などの細工もまず見ることはないですねー。

昔は、このような立派な道具だったのが、
sp 2015-07-05 19.26.23

現代では、こんな風に。メカっぽくなりました。
77481

その墨出し風景は、差金やメジャーを使って寸法を測り、位置を決めて墨を打つ。

DSC08044

DSC08045

DSC08048

今回は、赤い墨を使って位置出しをしました。
黒い墨も使う時があります。

この墨出しで、実際の壁の位置が決まります。
とてもとても重要な工程なのです!
図面通りには、いかないケースがあるので現地にて細かい調整を行い、
優先すべき寸法(通路巾や設備や家具の有効寸法)を主として、上手に逃がしながら寸法を決めていきます。

このあたりは、経験がモノを言う という感じですかね。

ひとまず墨出しが終わり、特に問題部分が無かったので、ホッとしました。
この作業が終われば、本格的な造作工事に突入です。

sp 2015-04-04 17.34.51

Start typing and press Enter to search